風街ろまん

日本のフォークロックバンド、はっぴいえんどの2枚目のアルバム。その後の日本の音楽シーンに大きな影響を及ぼすことになる、「ドリームチーム」と呼べるメンバーで構成されたこのバンドは、その残した僅か2枚のスタジオアルバムどちらも強烈です。1枚目も捨て難いですが、ここではこちらを取り上げましょう。

日本語のロック

英語を使用することを前提として発展したロック音楽が、英語の歌詞と親和性がいいのは当然のことです。だから、日本でもロックは英語で歌うものと考える人が多かったのも納得できます。そこにコンプレックスが全くなかったとは思いませんが、ただロックに日本語を乗せる技術が未熟だったのも否めなかったのです。この作品で松本隆が書き上げた歌詞は、そんな技術の進歩を一躍飛びで成し遂げたものでした。