ザ・ブルーハーツ

海外ではメジャーシーンをも騒がせたパンクロックでしたが、こと日本においては、アンダーグラウンド以上の存在にはなれませんでした。しかし、そんな中からメジャーシーンで大きな成功を収め、その後唯一無二に存在として語り継がれる存在になったのが、1985年に結成されたザ・ブルーハーツです。日本のパンクバンドとして、彼らを越える存在が今後現れることはきっとないでしょう。

純粋で「青臭い」音楽

パンクロックが根源的に持つ「アナーキズム」は、若者にとって魅力的な要素ですが、しかし一部からは拒否反応を受ける要素でもあります。ザ・ブルーハーツは、それを持ちながらも「音楽が好き」という純粋さと、情緒に訴えかける「青臭い」メロディーで大衆性を獲得しました。それは後のメロコアを先取りするものでもあったのです。