第1次バンドブーム

第1次バンドブームとは、1970年代後半から1980年代前半に出てきたバンドたちが、若者を中心に人気を集め、ヒットチャートを席巻した社会現象をいいます。このブームのおかげで、ライブハウスの評判などで実力を認められたバンドが、ラジオやツアーなどを通して、テレビに露出することなく大きな人気を得ることが可能になりました。このことは、第2次バンドブーム発生の礎となります。

代表的なロックバンド

後に国民的なバンドになる「サザンオールスターズ」、日本のロックバンドで、初めてメジャーな成功を収めたといえる「世良公則&ツイスト」、ロックの反体制的なイメージをメジャーシーンでも失わなかった稀有なバンドとして、その後の日本のロックバンドに大きな影響を与えた「RCサクセション」などが、代表的なバンドとなります。